Mac de treo90

CJKOSで日本語化

CJKOSには漢字変換辞書がついていませんので、神様のJ-OS IMEもインストールします。

 

インストール

以下のファイルをインストールします。

CJKOSより
 CJKOS
 cManager
 IMSJICON.PDB
 IMSJKA.PDB
 FJIS10F.PDB
 FJIS12F.PDB

J-OS IMEより
 J-OS IME
 (J-OS用の日本語辞書)

使い方

1 CJKOSをタップします。

 

2 Enable CJKOSにチェックします。

 

3 他の設定は、下部の「A あ」を見ながらチェックを入れてみるとわかります。
  90にチェックすると、

 

  OSレベルで縦書きにできます。(90度回転させただけですが・・・)

4 Enhanceタブでの設定は次のようにしておきました。

 

5 Inputタブで、Enable CJK Keyboardにチェックを入れると、

 

  入力時にこのような画面が起動します。

 

  ここで、右下の「A」をタップすると、J-OS IMEが起動しますが、リターンキーで、
  決定する度に日本語入力が無効になり、非常に使いにくい。

 

  そこで、Enable CJK Keyboadのチェックははずします。

 

6 J-OS IMEを有効にします。

7 メモ帳に入力してみると、きちんと変換してくれます。J-OS Treo Helperも使えます。

 

8 おもしろいのは、Inputタブで以下のような設定にしたときです。

 

  入力画面に手書きエリアが現れます。

  手書きで入力すると・・・

 

  このように入力できます。

 

  メモ帳にもどっても表示されています。

 

  この機能については、もう少しさわってから続報をお伝えします。

CJKOSについて
日本語を入力するということに限定すれば、J-OSの方が高機能です。CJKOSは、中国語や韓国語を主に使い、ついでに日本語も表示する、という使い方をする人には便利だと思います。
日本語表示だけするのであれば、Yomeruというフリーのアプリもありますので、そちらの方がいいでしょう。

(CJKOSに興味を持ちましたので、続編を掲載していきたいと思っています。)