Mac de treo90

MacとHotSync

まず、Mac版のPalmDesktopとHotSyncできないことには、アプリのインストールもできません。
ところが、そのままではtreoと日本語版PalmDesktopとのHotsyncができません。

可能にする方法ですが、treoを使っている人は、1台目ということはありえないので、
Macには日本語版PalmDesktopがすでにインストールされているものとします。

2つの方法を掲載しましたが、「方法その2」が簡単です。
データのバックアップを忘れないことと、以下の方法は改造になりますので自己責任でお願いします。

方法その1

1 今まで使っていた日本語版PalmDesktopの「Palm」フォルダの中から、
  「ユーザ」フォルダと「コンジット」フォルダを捜しだして外に出す。

2 「Palm」フォルダをゴミ箱に入れる。(ゴミ箱を空にすることはできません)

3 treo付属のCDから英語版PalmDesktopをインストールする。

4 再起動

5 システムフォルダを開く。
  機能拡張フォルダ から、「USB Handspring」というファイルを捜して取りだしておく。

6 treo付属のCDを使って、英語版PalmDesktopをアンインストールする。

7 「USB Handspring」を機能拡張フォルダに戻す。

8 日本語版PalmDesktopをインストールする。
   持っていない人はこちらからダウンロードする。
    サポート−ダウンロード
   Documents To Go 4 日本語版を使っている人はVer.2.63をダウンロード。
   その他にも既存アプリとの互換性でVer.4.0には不都合が出てくるのでVer.2.63がお勧め。

9 再起動

10 「Palm」フォルダの中に1で外に出しておいた「ユーザ」フォルダと「コンジット」フォルダを
   上書きコピーする。

 

方法その2

1 ここにある「USB Handspring」をダウンロードし、システムフォルダにドラッグする。

     USB Handspring

2 再起動する。以上。

 方法その1を一生懸命読んでくれた人、ごめんなさい。(+_+)\バキッ!
 これで、前から使っていた機種とtreoを一つの日本語版PalmDesktopでHotSyncできるようになります。

 treo用に新しいユーザを設定してください。

 

Documents To Goについて

以前の機種でDocuments To Goを使っていた人は、「コンジット」フォルダから出しておいたほうがいいです。
Hotsyncしたときにエラーメッセージが出ます。
treoと一度HotSyncした後、Documents To Goのコンジットを「コンジット」フォルダに戻し、
コンジット設定で「何もしない」に設定すると、treoとHotSyncするときにエラーが出ません。

初めてtreoとHotSyncするときには、純正のコンジット以外は外しておいたほうがいいでしょう。