Mac de treo90

レビュー

ルックス
見た目は、かっこいい!の一言です。プラスチックにtitan風の塗装がしてあるのですが、安っぽくない。
曲線を中心にうまくまとめられたデザインが舶来(今どき使うか、こんな言葉)を感じさせてくれます。
大きさはPalm505よりも少し小さいだけですが、曲線的なデザインのためか非常に小さく見えます。

キーボード
キーボードの押し具合もいいかんじです。押すとプチプチ音がします。クリック感のあるキーボードが
好きな人には特に使いやすそうです。
全体に小さいので、うまくいくと片手で操作できるかも・・・

液晶
評判の悪い液晶ですが、全然気になりません。明るくて、室内ではPalm505より見やすく感じました。
しかし、日光の当たるところではほとんど見えなくなります。(Upupさんが手放すことにしたのはこれが原因)
これは室内でしか使わない人にはあまり問題にならないでしょう。
電源が入っていない状態ではマジックミラーのよう(黒い鏡?)で、これもtitan風の本体にピッタリ。

アプリケーションボタンと上下ボタン
小さい分、さすがにPalm505に比べると今一つですが、十分に満足のいく操作感です。
   クリエ<<<<<<treo<<Palm505
   という感じかな?

スタイラス
かなり短いです。金属部分は美しいメッキ仕上げ。適度な重さで使いやすいです。
先端を外すとリセットピンがあるのですが、これがフニャフニャしてたよりない。
何度かリセットしているうちに折ってしまいました。('_;)

電源スイッチ
これは非常に押しにくいです。デザインに合わせて斜めに取り付けてあるためだと思われます。
押すとモワッとした感じで、押せているのかどうか不安になります。クリック感が欲しいところ。
まあ、「形から入るマックユーザー」としては、許せる範囲です。

ダミーカード
SDカードスロットにダミーカードが入っていますが、エンドサイドが本体の形状に合わせて斜めに
切り取ってあります。 機能とは無関係ですが、デザインにこだわっているのがわかります。

英語版
treoには日本語版が出ていないので、当然英語版です。
しかし、日本語化を可能にするアプリがあるので、心配はいりません。
J-OSなどは、純正の日本語版よりも使い勝手がよいという噂を聞きますので、それも期待。

USB接続コード
クレードルは付属していません。treoとコンピュータを直接繋ぐUSB接続コードのみ。
ノートパソコンといっしょに持ち歩けるので、大西には合っています。

説明書
とても薄いものが付属しています。必要最低限のことのみ記述されています。
英語がアホな大西にとっては都合がいい。内容も簡単な英語なので、すぐに読めます。

  くりすたるあーとで撮ったtreoです。この美しさに物欲爆発!

画像はくりすたるあーとで撮ったものです。
Upupさんに譲ってもらうことになり、喜んでさわっていたのですが、 自分のものになったとたん
treoタイマー起動! 液晶ライトが切れて、液晶が真っ暗に・・・

Upupさんがコンプマートで交換して、送ってくださるそうです。(送ってくださった奥さんにも感謝)

2日後、送られてきました、treo90。箱を開けてびっくり!

  ン?電源入れると・・・

  ベロベロバー! さすがにUpupさん、しっかりとネタを仕込んでいます。(笑)
 Upupさんの芸術を捨てるのがもったいなくて、はがしてPalmの裏に貼りました。

 あれ?コードが2本入っています。1本は純正の接続コード、もう1本はオプションの電源供給機能付きUSBコード!
 Upupさん、気を遣っていただいて、ありがとうございました。(はーと)