Mac de Diamond

S21HTのカメラは携帯カメラとしては非常に優秀ですが、実はGPSカメラの機能もあります。
そこでS21HTのデジカメに「キャプチャモード」にGPSカメラの機能を追加します。

GPSカメラといえばこれとかこれが思い浮かびますが、同様の機能が携帯電話の「おまけ」で
ついてくると思えば、嬉しいですね。


GPSフォトモードで撮影した画像の位置データをGoogle Earthに表示する方法も合わせて紹介します。
JetPhoto StudioはWindows版もありますのでWindowsでも同様に表示できます。

Diamond Tweak

Diamond TweakはS21HTのレジストリを書き換えるアプリケーションです。
項目は山ほどありますが、今回は「11.Camera」を変更します。

1 Diamond Tweakをここからダウンロードしてください。

2 インストールして実行します。この手のレジストリを書き換えるアプリケーションは
   デバイスにインストールした方が安全です。

3 11.Cameraの「Burst」「Sport」「Video share」「GPS photo」を全て「Enables」にしてください。
   Burstは連写、Stortはスポーツ、Video shareはビデオ共有、GPS photoはGPSフォトを追加します。

     

4 カメラを起動すると、キャプチャモードにGPSフォトモードなどが追加されています。

    

撮影した画像をiphotoに取り込み、位置をGoogle Earthに表示させます。

iPhotoToGoogleEarth

iPhotoのプラグインです。
ここからダウンロードしてください。
「書き出し」からiPhotoToGoogleEarthを選ぶだけで良いのですが、iPhotoが落ちてしまって機能しませんでした。

JetPhoto Studio

単体アプリです。ここからダウンロードしてください。Windows版でもiPhoto以外は同様の手順です。
あらかじめ、iPhotoに読み込んだ画像をアルバムにまとめておいてください。

1 最初の起動時にアルバムを作ります。アルバムの名前と場所を指定します。

2 Actionsタブで「Import from iPhoto」をクリックし、iPhoto albumを選びます。

3 画像が取り込まれますので、Thumbnailタブで画像を選びます。

4 左下の「Link photos on Google Earth」ボタンをクリックします。

5 「Go To Earth,,,」ボタンをクリックするとGoogle Earthが起動して位置を表示します。